ご相談内容-年金分析

老後2,000万円問題、年金、退職金の運用…先行き不安な老後資金

金融庁から「老後資金は2,000万円必要」とする試算が盛り込まれた報告書が提出される現代、年金に頼りすぎない保有資産の運用など、自助の取り組みの重要性が指摘されています。「いくら備えればいいのか」「年金はもらえるのか」…老後の不安や疑問をプロの私たちが一緒に解決のお手伝いをいたします。

年金加入状況や貯蓄など、 現在の備えを
ヒアリング
老後に必要な金額や 今からできる対策を
アドバイス

あなたの老後資金が足りない!?

「2,000万円問題」とは総務省の調査によると、夫が65歳以上、妻が60歳以上で無職の場合、月々の年金などの収入から生活費を差し引くと毎月約5万円の不足が生じ、20~30年で1,300~2,000万円の老後資金が必要と言われています。準備が早ければ早いほど計画的な対策を講じることができるので、老後の安心につながります。

本当のところ、老後はいくらあれば大丈夫?

厚生年金か国民年金か、さらに加入年数や報酬額などにより、年金の受給額は異なります。さらに将来の予定やライフスタイル、貯蓄金額によって必要とする金額も変わってきます。お客様ご自身の人生においていくら必要で、どのように備えると良いか、経験豊富なファイナンシャルプランナーが分析します。

相談は無料

経験豊富なファイナンシャルプランナーの分析による具体的なアドバイスで、将来への希望と安心を高めます。

年金分析・老後資金相談の流れ

01

ヒアリング

「ねんきん定期便」をもとに年金の状況を確認し、さらに収入や資産状況、家族構成、住居、保険、退職金の予想額といった基本情報を伺います。

02

ライフイベントのピックアップ

お子様の進学や独立、マイホームの購入や車の買い替え、旅行などのライフイベントに加え、再就職や趣味などのライフスタイル、病気や介護が必要になった場合も加味してシミュレーションを行います。

03

分析・不足金額の算出や対応策のご提案

シミュレーションをもとに、必要な老後資金を算出・分析します。不足がある場合は、保険の見直しや資産運用方法、現在の生活の見直しなど改善策をご提案いたします。

こんな人にオススメ

  • 年金をいくらもらえるか分からない。
  • 安定した老後のためにいくら必要か知りたい。
  • 保険?資産運用?老後のために今何をすればいいか分からない。

ご相談の流れ

STEP1
お問い合わせ・
相談予約
STEP2
来店日時の決定
STEP3
事前にご用意いただく
ものをご連絡
STEP4
来店、ご相談
03-5485-1818
受付時間 平日 9:00-17:00